2018年 9月 26日 (水)

Jアラートの効果あったの? 作動したのはミサイル通過後の可能性も

印刷

   29日(2017年8月)早朝、北朝鮮の発射した弾道ミサイルが北海道上空を通過した。全国瞬時警報システム『Jアラート』が鳴ったのは、ミサイルが通過中か通過した後だった可能性が出てきた。「これでは日本の上空をミサイルが通過していても何もできない」。番組からはこんな意見が噴出した。

   北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのは午前5時58分、ミサイルが北海道・襟裳岬を通過したのは午前6時7分ごろ、その5分後の6時12分には1180キロ離れた太平洋上に落下している。

   Jアラートが発信されNHKなど各テレビ局が受信したのは午前6時2分で、ミサイルが北海道上空を通過中か通り過ぎた後だった可能性がある。

   羽鳥慎一キャスターは「これでは、Jアラートは何の効果があるのかと、素人は率直に思う」と疑問を呈した。

「目覚まし時計代わり」の声も

tv_20170829145428.jpg

   菅野朋子(弁護士)も「皆さんが(Jアラートを)どう感じたかTwitterを見ましたが、『この時間帯に鳴らされて目覚まし時計代わりだった』と感じた方が圧倒的に多かった。しかも、頑丈な建物や地下にすぐ避難してくれと言われても住宅街にそんなものないよ。Jアラートなどあってもしょうがないと諦めている感じ。残念ながらJアラートの効果に疑問を感じている方が多い。その先を考えなければならない」。

   番組にゲスト出演した元防衛研究所統括研究官の武貞秀士氏は次のように指摘する。

   「一般的にミサイルを探知するには7分ぐらいかかると言われている。今回は7~8分で北海道上空を通過してしまっている。速度が速いという意味でも新しいタイプのミサイルの可能性がある。J アラートが鳴ったのが遅いというのは、時系列から行けばそうなるかもしれないが、守る側には限界がある」

   もっとも青木理(元共同通信記者)は「日本の上空を通過したことは衝撃かもしれないが、日本の安全保障上の脅威がこれで増えたということではない。日本に届く北朝鮮のミサイルはすでにいっぱいあるし、これで急に日本が危険になるという認識は違う」。

   脆弱な日本の防衛システムが浮き彫りにされた形だが、と言って専守防衛を掲げる以上や限界がある。スタジオではもっと話し合いの道を探るべきだとの意見が出たが、北朝鮮はじめ日米韓それぞれ狙いが異なり難しい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中