2018年 5月 22日 (火)

危ない電動アシスト自転車!スピード出過ぎ、重くて転倒・・・

印刷

   幼児を乗せるお母さんに人気の電動アシスト自転車に、スピードが出過ぎる、重くて倒れるなどのトラブルが増えている。中村直子さん(主婦)は子どもを後ろにのせたまま駐輪場のラックに入れようとして、自転車ごと向こう側に倒れてしまった。重みを支えきれなかったのだ。

   比留木剛史アナが注意を呼び掛けた。「電動アシスト自転車はモーターと電池で5キロ、チャイルド座席の5キロも加わるので38キロもあります。これに16キロのお子さんを乗せると54キロ。さらに、こぐのが軽いので、買い物などの荷物もたくさん積んでいるのではないでしょうか。降りて押している時にちょっとでも傾いたら、重さを支えきれません」

   子どもも大けがをしかねない。ゲストの益若つばさ(タレント)は「わたしも坂を押して下りているときに同じ経験しました。子どもにけがはさせずにすみましたが、怖くてあんまり乗らなくなりました」と話す。

ネットにはこがなくても加速していく違法商品

   道路交通法ではアシスト力は人力の2倍までと定められているが、なかには100~200倍というアシスト過剰のものがある。足でこぐのをサポートするのではなく、ペダルの回転だけでモーターが働く仕組みになっていて、ほとんど電動オートバイ、電動スクーターである。国民生活センターと消費者庁は「基準を越えたアシスト力が不意に加わって、バランスを崩す危ない事故の恐れがある」と注意を喚起している。

   比留木アナが試乗してみると、「ああああ~、軽く回しているだけなのにどんどん加速していきます。ペダルから足を離しても、スピードを上げたまま走っていきます。街中で乗るのは怖いです」

   こうした"違法自転車"はネットなどで安く売られていて、警察庁は7車種について注意を呼び掛けた。柳澤秀夫キャスターが憤然としていう。「注意だけじゃなくて、販売そのものをやめさせた方がいいですよ」

   購入する時に安全性を確認する目安はないのか。「自転車協会が基準をクリアした自転車にBAAマークを付けています。専門家はこのマークの付いた自転車を、自転車安全整備士がいるお店で購入することをすすめています」(比留木アナ)

   電動自転車に子どもを乗せたお母さんが、猛スピードで走っているのも街ではよく見かける。こっちもよくよくご注意を。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中