キャスター東山にもっとしゃべらせろ 平凡な企画、顔ぶれで早起きの甲斐なし
〈サンデーLIVE !!〉(テレビ朝日系)

印刷

   もうじき51歳になる東山紀之が、子供も2人出来たことだしとニュースのキャスターに挑戦した第1回。あちこちに大宣伝しまくって、日曜日だというのに早朝からのスタートで、どんな目新しい内容かと期待したが、平凡なものである。例えば、やじうま時代以来のこの局のオハコ、その日の新聞チェックは、パネルがあちこちに立っていて、小木逸平が読む。ヒガシは横に突っ立ってるだけ。
   東山本人に読ませればいいのに、わりと発声がこもって聞きにくい彼を局は信用していないのだろう。小木だけがペラペラ。他の情報番組の二番煎じで新鮮味がない。下手でも東山が自分トークで読んだり解説したりした方がよほど面白いのに。小木の他にはABCのヒロト歩美とメーテレの濱田隼がアシスタントで侍る。
   コメンテーターはヒガシと同年代の古田敦也。大学教授の野村修也や松木安太郎。野村や松木はこれまた情報番組渡り鳥で新鮮味がない。局を挙げての新番組ならば、大物の東山にフォーカスして、コメントマンは全く新しい人物を発掘できなかったのか。これでは、わざわざ休日に早起きして見たい気が全然起こらない。
   企画ものでは、ヒガシが自衛隊の迎撃システムを取材したコーナーと、最初に出てきた天気予報のやりとりが面白かったが、ジャニーズのスターを看板にしただけではあまり評価できない。東山に自分の言葉でもっとしゃべらせろ。彼だって立派な社会人なのだから。
(放送2017年10月1日5時50分~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中