2018年 9月 26日 (水)

週刊文春の選挙予測「自民39議席減の251議席」 希望の党・小池代表はパリで迎える憂鬱な投票日

印刷

   よくいわれるが、政治は一寸先は闇である。今回の選挙ぐらいこの言葉を実感させてくれたものはない。

   安倍首相の苦し紛れの不意打ち解散で、野党がどんな形であれ「反安倍」共闘でまとまれば自民党の議席を60~70は減らすことが出来たはずだ。

   都知事のまま希望の党を立ち上げた小池百合子が、一瞬、期待を集めたのは、これで反安倍の旗印がより鮮明になると有権者が期待したからであろう。

   今日(10月9日)発売の週刊文春は巻頭で「全選挙区最終予想」をやっているが、同誌が公示前にやった予測では、自民党は74議席減で単独過半数割れ、希望の党は101議席としていた。

   だが、口は禍の元。会見で漏らした「排除」という言葉が、有権者の期待を裏切り、希望を絶望に変えてしまった。

   たしかに週刊ポストで、ビートたけしがいっているように、希望という党名はセンスがない。「なんだか宗教臭くて、『また宗教政党が出てきたのか』って勘違いしちまうよ」(たけし)

   週刊文春に文藝春秋11月号の広告が載っている。売り物だった小池百合子のインタビューが極めて小さい扱いになり、たいして面白くない有識者3人の鼎談「小池も安倍も同じ穴の狢だ」をトップにもってきている。小池では売れないと判断した苦肉の策であろう。

小池代表の暴言を引き出したフリージャーナリスト

   よく知られていることだが、小池の大暴言を引き出したのは、フリージャーナリストの横田一である。

   いつもは手を上げても指されない横田だが、9月29日の小池知事の定例会見が終わった後に行われた会見で、小池は横田を指名した。実に半年ぶりだったという。

   「民進党から希望への公認申請者は排除されないという前原誠司代表の話と小池氏の話が食い違っていたので、素朴な疑問をぶつけた」(横田=週刊朝日オンライン10月15日より)

   会見場には「質問をする横田氏を嘲笑するかのような、弛緩した空気が充満していた」(同)そうである。そして〈運命のひと言〉が小池の口から飛び出したのだ。

   この言葉は現在の日本の状況をもよく表している。安倍自民党政権は国民を弱者を高齢者を排除している。だから有権者は敏感に反応したのだ。

   さらに週刊新潮は、小池の党は「振り込め詐欺」だと批判している。希望から出馬する候補は、供託金300万円に加えて100~200万の資金提供を求められ、通常は党が負担するべき重複立候補の比例区の供託金300万円も払わせられるという。

   もちろんこれ以外に選挙費用も自腹で、小池と一緒に写真を撮れば3万円とられる。

   挙句に、直前まで出馬する候補地が決まらないため、事務所を用意する時間もカネもなく、ビジネスホテルの一室にビラやポスターを置いている候補までいるそうだ。

   週刊新潮で当選が絶望的な候補者がこう嘆いている。

   「"排除"発言で世間は『失望』し、若狭さんの"政権奪取は次の次"発言で、それは『絶望』に代わりました。今の風当たりを見ていると、もはや『死亡の党』ですね」

   だが小池は22日の投開票日にはパリにいるそうだ。テレビ東京の人気番組、選挙特番で池上彰から、「なぜ排除などといったのか」と詰問されるのを恐れたからではないか。

純粋な希望の党の候補は全滅

   何ともお粗末な選挙の結果はどうなるのか、週刊文春の最終予測を見てみよう。

   政治広報システム研究所の久保田正志と本誌取材班によると、自民は39議席減の251議席、公明が30議席だから合わせても300議席には届かない。

   235名を立候補させた希望の党は66議席になるが、ほとんどが民進党からの乗り換え候補ばかり。純粋な希望の党の候補は全滅のようだ。

   躍進するのは枝野の立憲民主党で、現有の16議席から46議席へ。共産党は21から18議席に減るという予測だが、私は現有維持か伸びると思うのだが。

   安倍政権への不支持率が支持率を上回っているのに、安倍不支持の票が、立憲か社民党、共産党以外に行き場所がない「ねじれ」に、私を含めて、怒り狂っている有権者は多いに違いない。

   「支持政党なし」という政治団体が比例東京ブロックに4人の立候補者を出している。ここに投票する有権者も多いのではないか。支持政党なしと書くと、この党の得票になるそうだから、安倍もイヤ小池もイヤという人は多いから、ひょっとして1人ぐらい当選するかもしれない。

男性の精子が薄くなっている!

   ところで、安倍首相は選挙公約の目玉の少子高齢化対策として、幼児教育の無償化を突然持ち出した。

   だが、これが少子化対策、すなわち、若い世代が子供を産もうという気持ちを促進することにはならないという、深刻なデータがあるのだ。

   ニューズウイーク日本版は「男たちの精子が枯れていく」というショッキングな特集を組んでいる。

   ヘブライ大学大学院のハガイ・レバインとニューヨークのマウント・サイナイ医学大学院のシャナ・スワン教授が、過去数十年間の男性の精子のレベルを分析したところ、1973年から2011年の間に、男子の精子の濃度が52%も低下していることがわかったというのであ る。

   こうした傾向は中国や日本でも出ているという。

   これまでは、妊娠する責任は主として女性が負わされてきたが、そうした「常識」が覆ることになる。

   精子濃度の大幅な低下は、肥満や運動不足、喫煙という生活習慣の乱れが原因だといわれてきた。だが、それだけではなく、最近では、環境中に幅広く存在するプラスチックに含まれる環境ホルモンの深刻な影響が指摘されているし、地球温暖化や携帯電話の電磁波も「犯人」の一人ではないかといわれているそうだ。

   さらに晩婚化もある。ニューズウイークによれば、40~42歳の男性は30~35歳の男性に比べて、精子の数が30%近くも少ないそうだ。

   「ある著名な人口問題の専門家は、もはや世界は出生率の上がることのない時代に突入したと指摘している」(ニューズ)

   私の周りでも、結婚して何年にもなるが子供ができない、2人で医者に診てもらおうと思っているというカップルが増えているように思う。

   「いま、夫婦の5・5組に1組が、不妊症の治療や検査を受けている」(朝日新聞10月18日付)という。5年間不妊治療をしている女性は朝日に、かかったおカネは500万円近くなると話している。

   少子化に歯止めをかけるには、小手先の弥縫策ではどうにもならないのだ。安倍にはそれがわかっていない。

朝日新聞が始める「出会い系サイト」ビジネス

   話はガラッと変わるが、10月2日の朝日新聞を見てびっくりした読者は多いはずだ。「Meeting Terrace」の広告である。

   「40才以上のシングルの方々に出会いの場を提供するサービスです。結婚のみに限らず、事実婚や週末婚、お茶飲み友だちなど、ゆるやかな自由なかたちのパートナーを自分のペースで探すことができるのが特長です」として、朝日新聞主催の安心・安全なサービス、結婚だけではない自由なかたちのパートナー探し、豊かな時間を過ごせる多彩な交流会を開催するというのである。

   週刊ポストならずとも、朝日新聞ともあろうものが、様々な批判がある「出会い系サイト」ビジネスに乗り出したのかと、仰天する。

   入会金はウェブからだと3万9800円。紙だと5万円だ。会員になると月会費が9800円かかる。女性も同額である。

   高額なところが朝日らしい。カネもちの男女を朝日のブランドで呼び集め、講演会やワインセミナーなどを開き、目的はそれだけではないと見せる工夫はしているようだが、来る男女の欲しいのは「アレ」だけであろう。

   と、下劣なことしか考えない雑誌屋は、そう思ってしまうのだが、これを考えたのはメディアラボの井原成美という入社4年目のうら若き乙女だ。

   社内コンペに応募し選ばれ、約2年の準備期間があったという。

   私のような下品な欲求を抱えた人間を排除できるのか?

   「学歴や年収は一切問いませんが、信用できる人に参加してもらうため独自の審査を設け、独身でも特定のパートナーがある人は入会できません。参加者には各種会員規則に同意をしてもらい、個人情報の管理にも細心の注意を払う」と、井原女史は宣う。

   だが、特定のパートナーがいるかどうか、どうやって調べるのかね。

   朝日ブランドを信用して入ってきたおばちゃんをだますなど、結婚詐欺師にとっては簡単なことだろう。

   被害が出たら、朝日は致命的な傷を負うのではないか。

   何も朝日が「出会い系」に出ることはない。もっと他にやることがあるはずだが、次は「人材派遣」ビジネスへでも進出するつもりなのだろうか。

浅田真央がパリでデート

   出会い系の次というわけではないが、FLASHが浅田真央がパリ・ルーヴル美術館で白人男性とデートをしていたと報じている。

   タイトルは「浅田の純潔を奪った」と穏やかではないが、ドラクロワの名画『民衆を導く自由の女神』の前で立ち止まって見ている真央にイケメンの男が近づき、館内を楽しそうに回っていたというのだ。

   「男性は、元フィギュアスケート選手で、現在は日本でモデルとして活躍するロマ・トニオロ(27)。2015年に成田空港で『Youは何しに日本へ?』(テレビ東京系)にキャッチされ出演。日本のハンコに憧れる "ハンコ王子" としてブレイクした、異色のフランス人だ」(FLASH)

   真央も27歳。浮いた噂の一つや二つないほうがおかしい。

東大卒精神科医と高校生の不適切な関係

   だが、週刊文春が報じている精神科医のように、少しばかり有名だからといって、高校生や若い女性に手を付けるというのは、許しがたい。

   東大医学部出身の精神科医ゆうきゆう(本名・安田雄一郎、42)と関係を持ったと、19歳のA子が告白している。

   昨年、ゆうき主催の心理学イベントに参加しメールを交換したという。その後何度かメールをやり取りし、A子の誕生日に2人きりで会ったそうだ。

   男は、彼女が18歳になるのを待っていたのだろうか。

   その日に男に誘われて関係を持ち、週1、2回SEXするようになった。だが甘い恋人同士という関係ではなく、男のほうはSEXだけが目的のようだった。

   やがて、A子は、自分の外にも多くの女がいることを知った。男の部屋で自撮りした写真をツイッターに上げると、男は激怒し、以来連絡が取れなくなったという。

   それがストレスになったのだろう、A子は体重が減り、高校へも通えなくなり中退する。リストカットで自殺未遂を繰り返すようになり、男の公式ツイッターに「連絡が欲しい」と送った。

   すると、A子の携帯に警察から連絡が来る。男がA子をストーカーだと被害届を出したというのだ。

   男は週刊文春の取材に要領を得ない答えしかしていないが、担当弁護士からは、患者や医療業務を通じて知り合った患者と、個人的な関係を持ったことは一切ないと回答してきたそうだ。

   A子の話が事実ならば、高校生と不純な関係をもっていたということになる。週刊文春のいうように、高い倫理観を求められる精神科医にあるまじき行為である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中