2018年 10月 17日 (水)

司会安住の似合わない仮装!企画詰め込み過ぎで4時間長すぎる
〈CDTVスペシャル! ハロウィン音楽祭2017〉(TBS系)

印刷

   昨年に引き続き2回目の「ハロウィン音楽祭」。4時間の生放送で、「ハロウィン」ということで、出演者だけでなく、スタッフまでも仮装するところがほかの音楽祭とは違うところ。ここ数年、急激に盛り上がりを見せる「ハロウィン」に便乗した音楽番組だ。
   司会の安住紳一郎が「ウォーリーを探せ!」のウォーリーの仮装をしているのだが、これがまったく似合っていない。サラリーマンが忘年会で上司の命により、無理やりやらされているような感じで場違い感は否めない。TBSにはほかにもアナウンサーは山のようにいるのだから、なんでもかんでも安住アナにやらせることはないのに。
   ちなみに昨年は、MCが及川光博とAmi、進行にフリーの高嶋彩アナ、ハロウィン・マエストロとして葉加瀬太郎の顔もあったが、今年は安住アナだけと2回目にして一気にショボくなったような......。
   視聴者から募集した「家族ソング」や、コロッケらものまねタレント大集合の「ものまねホームパーティー」などの企画を挟むことで、音楽祭なんだかバラエティ番組なんだかわからなくなっていた。そのなかで目立っていたのは、「ものまね」コーナーにものまね芸人に混ざり、「まーちゃん」という8歳の女の子という設定の森昌子。中島みゆきから桜田淳子まで得意のものまねを披露し、ものまね芸人たちはすっかり食われるかたちに。その横で森進一のものまねをしたコロッケはさすがだが(笑)。いずれにせよ、4時間は長過ぎる。
(放送2017年10月25日19時~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中