2018年 11月 19日 (月)

金銭目的という供述は本当か? 座間・9人遺体発見事件の白石容疑者の闇の部分

印刷

   「金を奪う目的だった。殺した全員から金を取った」。神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された白石隆浩容疑者(27)は金銭目的だったと供述をしている。2カ月間に全員を殺害したと認めているが、多い金額は50万円、少ないのは500円。そのために9人も殺害をしたのか。

 

   白石容疑者について中学生の同級生は「びっくりしました。中学時代の印象では風紀委員をやっていたりして、悪いことをしていたというイメージはないので想像できません」と語る。

    高校卒業後に新宿・歌舞伎町の風俗店のスカウトマンになった。白石容疑者を知る女性は「私の知り合いが風俗にスカウトされ一時、白石と同棲していました」と話す。

執行猶予中の犯行だった

tv_20171101112828.jpg
 

   今年2月(2017年)、風俗店に女性を紹介したとして職業安定法違反の疑いで逮捕され、5月には懲役1年2カ月執行猶予3年の判決を受けた。今回は執行猶予中の逮捕だった。

 

   いまのアパートに引っ越ししたのは8月22日。なぜか契約を急いでいた。職業欄はなにもなかった。近所の人は重そうにクーラーボックスを運ぶ3人を見ているという。しかし、警察は複数犯ではなく、単独の犯行とみている。

   司会の羽鳥慎一「ワンルームの狭い空間で9人の遺体と一緒に過ごしたという人間の心理はどういうものなんでしょうか」

   スタジオに出演した東京未来大学こども心理学部長教授の出口保行さんは「殺人のパターンとして、(1)相手を恨んでいる(2)殺害行為そのものに快感(3)死体に好奇心・興味を示す、この3つがありますが、今回の場合は(2)と(3)の動機と思います」と指摘する。

 

   羽鳥「ただ、ここまでの供述には金銭目的といっていますが」

 

   出口さんは「今の段階では、捜査している相手が納得しやすい理由をあげていると考えられます。もし強盗や金銭目的なら遺体をそばに置いているなんてことはありません」と説明する。

 

   羽鳥「分からないことが多すぎて、全容解明には時間がかかると思いますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中