<俺の持論>(テレビ朝日系)
ハライチ岩井 恋愛するには「カワイイ男子」相手に経験つもう

印刷

   9月に終了した「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の主要スタッフが新たに始めた新番組。タイトルの通り、1人のタレントが世に訴えたい持論をプレゼンする。今回のプレゼンを聞く側のゲストはハライチ・澤部佑、松井玲奈、岡本夏美の3名。そして、プレゼンターとして登場したのは、澤部の相方・ハライチ岩井勇気(31歳)で、今回送り出す持論は「カワイイ男子が若者の恋愛離れを救う論」。

   まずは若者の恋愛離れがいかほどか、ということで、「20代未婚男性のうち、付き合ったことがない割合は?」という質問。この正解が2016年度で53.3%という驚異的な数字だ(明治安田生活福祉研究所・調べ)。岩井の考察では、イマドキ男子の恋愛離れの理由は、(1)恋愛にはお金がかかる、(2)ゲームやアイドル等の擬似恋愛で満足できる、(3)恋の駆け引きがめんどくさい、の3点。岩井もマンガ、アニメ好きで(2)にも当てはまるみたいだが、(3)が一番の要因と力説する。出会って、連絡先を聞き出し、デートに誘い出すの3つだけでも面倒なのに、いざデートにこぎつけても、ある壁が待っているという。

   ここら辺から岩井の独自性が徐々に上がってくるのだが、その壁が「きれいな女性=話が盛り上がらない」こと。これも双方原因があって、男側の原因は、きれいな女性の前では緊張して面白くなくなること。女側の原因としては、きれいな女性はそういうスキルを上げる必要がないからということ。だったら、話が盛り上がる女性と付き合えばいいじゃないか、となるが、大抵の場合は「話が盛り上がる女性=見た目が好みではない」ということらしい。まあわかります。

パンサー・向井が最高のトレーニング相手

   しかし、この説はここからが本番。「女性とデートをする代わりになる最高のトレーニング相手が見つかりました!」と岩井。これが「カワイイ男子」なのだ。「僕は普段から、カワイイ男子でトレーニングを積んでいます。」という岩井の発言に、全力で引く女性ゲスト陣と観客たち。その相手は、まさかの(?)同い年の芸人、パンサー・向井慧(31歳)。

   その向井を使っての『ムカイ式トレーニング』、1つ目は「カワイイ男子でLINEのやり取りを学ぼう」。ここで岩井は向井との実際のLINEを披露。確かにこのやり取りがカワイイ。ゲストの岡本も「カップルのLINEに見える」とちょっと納得の様子。更に2つ目は「カワイイ男子から女子ウケするお店を学ぼう」。ここで女子に人気の「ジャパニーズアイス櫻花」のしろくまアイスを持って微笑むカワイイ向井の写真を披露。「もう女子といっても過言ではない」と豪語する岩井。

   極めつけは「カワイイ男子で三角関係を学ぼう」。実は先程の写真と同じ時に、もう一人、芸人のチョコレートプラネット・長田庄平もその場にいたのだ。岩井としては向井と2人きりのデートのつもりが、向井が2人っきりになるのを警戒して友人の長田を連れてきた、という解釈らしい。「違う!」と澤部が叫ぶ。岩井-向井-長田の三角関係(?)。「僕は(長田への)嫉妬心をコントロールしなきゃならない」と言う岩井に困惑するゲストの面々。そして最後のまとめも「彼女を作る前に君の中の『向井』を見つけろ!」で、澤部から「なんだこれ。シンプルにBL(ボーイズ・ラブ)でしょ?女子に戻ってこられるんですか?」と言われると「それは聞かないで頂きたい」と言う岩井に観客から悲鳴が。最後に「君の周りの『長田』には気をつけろ」と釘を刺して、プレゼン終了。

   今回は岩井のキャラクターの特異さも面白かったが、今回のように、納得のいく展開から徐々におかしなヤバイ方向に論が展開し出す様は、この番組ならではの面白さと言えるだろう。まだ発展途上だが、「しくじり先生」を超える人気番組になることを期待したい。
(放送 テレビ朝日10月28日(土)深夜0:30放送)

鯖世 傘晴

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中