相撲、プロレス好きが芸になる女優、タレントの商魂
〈ナカイの窓〉(日本テレビ系)

印刷

   この日のテーマは「スー女vsプ女子」。なんのことやらと思ったら、"スー女"は相撲女子、"プ女子"はプロレス女子のことだった。
   "スー女"として登場したのは、紺野美沙子、アイリ、山根千佳。紺野はインテリ女優として、以前はクイズ番組などにもよく出ていたが、最近見なくなったなあと思ったら、今度は"スー女"キャラを引っ提げての登場。小学生時代、高見山が好きになり、定期入れに写真を入れていたなどと、いかに自分が相撲好きかをアピール。相撲中継で解説席の横に陣取って観戦している姿もVTRも流された。小柳ルミ子のサッカーといい、紺野の相撲といい、再ブレイクのためには何でも利用してやろうという逞しさが窺える。
   アイリは二所ノ関親方(元若島津)と元アイドル高田みづえの娘で、モデルとのことだが、2世タレントとしてバラエティなどで見掛けることのほうが多い。1歳の時に部屋が出来て、力士たちとともに同じ家で生活、彼女の運動会には力士たちが参加し、綱引きをしたなどと、相撲部屋の娘ならではエピソードを語った。二所ノ関親方といえば、先月路上で倒れ、意識不明の重体と報じられていたが、それにはまったく触れず。随分前に収録したものなのだろうか。
   "プ女子"のゲストは三田佐代子、小池美由、神取忍。今回は相撲とプロレスのどちらに魅力があるか、対決するものだったが、それぞれ別仕立てにしたほうがもっと話が盛り上がったのに...残念。
(放送2017年11月1日23時59分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中