2018年 8月 21日 (火)

酔ってタクシー運転手に暴行したのは弁護士だった! 別の弁護士から示談の動き

印刷

   札幌のタクシー車内で先週(2017年11月)喚いたり蹴っ飛ばしたりの乱暴を働いた男は30代の弁護士だったことがわかった。事件後、タクシー会社には別の弁護士から示談を求める働きかけや取引先からの根回しとも見られる電話があったそうだ。

   タクシーの車載カメラに撮られた映像では、後部座席の男が男性運転手に「なめんなよ、てめえ」「聞けよ、おい」「なにやってんだ」などと怒りまくり、運転席に蹴りをいれていた。運転手は「手の負えないぐらいの状態で、半狂乱でした」という。

   その3日後にタクシー会社に女性弁護士から、名前をあかさずに「謝罪や弁済をしたい人がいる」という電話があった。応じられないと答えると、今度は取引先から「確認という形で何件か電話がきました。もみ消しととられかねないか」と担当者は話す。

弁護士会の懲戒処分も

tv_20171113105110.jpg

   住田裕子(弁護士)「示談すれば処分が軽くなるのは間違いない。自分からすぐに謝るのが一番いい。器物損壊と暴行、強盗にも近い事件で、刑事処分ともう一つ、弁護士会の懲戒処分が重要だ」

   酔っていたからと許される時代ではない。

   司会の羽鳥慎一「いまも捜査中ということです」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中