2018年 9月 26日 (水)

世界で最も稼いだ「ザ・ウィークエンド」107億円!近藤春菜も関係者だった?

印刷

   アメリカの経済誌「フォーブス」が「最も稼いだ30歳未満のトップ30」を発表した。日本人は1人。プロテニスプレーヤーの錦織圭で、年間推定38億円稼ぎ、20位だった。

   3位はイギリスの歌手、アデルで、アルバムで78億円、2位はカナダの歌手、ジャスティン・ビーバーの94億円。そして1位はカナダの歌手、ザ・ウィークエンドで104億円だった。ワールドツアーで莫大な収入を上げた。

「1億円くらい回って来てもいいのに・・・」

   近藤春菜キャスターはそのザ・ウィークエンドにかかわりがあった。シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」のミュージックビデオにハリセンボンとして出演していたのだ。

tv_20171117125726.jpg

   春菜「私も関係者ってことは、107億円の1%で1億円くらいもらってもいいかなと思うんだけどなあ」

   会の加藤浩次に「ちゃんと出演料はもらってるでしょう」

   春菜「間に事務所の吉本興業がはさまっているので・・・。もらったのは"目くそ"くらいでした」

   景気のいい話題のはずが、変なところで笑いを取ってしまった。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中