2018年 5月 20日 (日)

古都・京都がイノシシパニック あちこちに出没、高校内にも侵入

印刷

   古都・京都の各所でイノシシが多数出現し、街を「大パニック!」(「ビビット」キャプション)に陥れているそうだ。

   昨日(2017年12月4日)は京都市の私立東山中学・高等学校に、イノシシ2頭が現れたという。うち1頭は校舎内に侵入してうろつくなどして、生徒たちを恐怖に陥れたそうだ。このイノシシは階段を上り、生徒に猪突猛進したり、ガラス窓に突進するなどしたという。

2頭とも捕獲され死ぬ

   もう1頭はプールに逃げ込み、泳ぐなどしたそうだ。その後、駆けつけた警察などが麻酔銃で2頭を捕獲したが、2頭とも死んだという。ケガ人はいなかったそうだ。

   また昨日は、同じ京都市内の南禅寺付近でも別のイノシシが出たという。

   先週はイノシシが平安神宮付近を走り回り、工事現場の作業員と衝突する事故が起きたそうだ。このイノシシは平安神宮から約3キロメートル離れた世界遺産の二条城の堀で溺れ死んでいるのが発見されたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中