2018年 8月 15日 (水)

「信長暗殺」主犯は家康!大河『おんな城主 直虎』残り2話で本能寺びっくり新解釈

印刷

   NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」はあさって10日(2017年12月)の49話、17日の50話を残すだけとなり、戦国時代最大のミステリー「本能寺の変」が描かれる。ただ、その解釈がなかなかユニークで、歴史マニアの間でも話題になりそうだ。

   49話では、織田信長は徳川家康とその家臣を接待を口実に京都に呼び寄せ殺害しようとするが、50話はその命を受けた明智光秀が逆に家康と内通し、井伊直虎、今川氏真を巻き込んで信長暗殺を果たすという展開になる。「本能寺の変」は家康が騙されたふりをして信長を京都におびき出し、そこを光秀が襲撃したという歴史解釈だ。

   信長はなぜ家康を殺そうとしたのか、信長が陰謀に気付かなかったのかなど疑問も多いが、お話としては話題性がある。残り2話もなんとか視聴率2ケタを確保して、「悪夢の1ケタ転落」は見ずに終われそうだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中