2018年 9月 21日 (金)

「忘年会トラブル保険」入ってる?酔っぱらってケンカ、ケガ、乱暴を補償

印刷

   大手タクシー会社「東京エムケイ」の社長が酒に酔って、よりにもよってタクシー運転手に暴行したというニュースを番組冒頭で取り上げたからというわけでもないだろうが、「ビビット」はこんな珍保険を紹介した。

   ジャパン少額短期保険の「忘年会トラブル保険」で、「忘年会で飲んで他人とトラブルになったり、帰り道でケンカしたりといったトラブルに、弁護士が電話で相談に乗ってくれて、場合によってはすぐに現場に駆け付けるサービスです」(杉本尚士社長)

   弁護士の馬場龍行氏は「早い段階で弁護士が動けば損害・リスクを小さくできます。逮捕されると最短で3日、最長で23日拘束されてしまいます。こうした意味でも、早急に弁護士に連絡が取れる保険は有効でしょう」と解説する。

   東京・新橋の居酒屋経営者も「この時期はお客様もヒートアップして口論になったり、仲間内で胸ぐらをつかみあうケンカに発展することもあります。ウチでは最近トイレの壁を壊されたのですが、見積もりを取ったら10万円。痛いです」と話す。

月額590円でぼったくり被害もカバー

tv_20171222143448.jpg

   保険掛け金は月額590円で、賠償責任は最大で1000万円。弁護士費用も最高で300万円まで補償される。ケンカ、口論、他人に(故意ではなく)ケガをさせる、お店でぼったくりにあう、セクハラにあったり、疑いをかけられたりなどの被害が対象となる。

   司会の国分太一と「若い人は飲むからね」とコメンテーターの加藤シゲアキ(「NEWS」)に振ると、加藤は「若い人こそ入ったほうがいいですね」と納得の様子だった。ジャニーズ事務所って、そんなに飲むのかな。

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中