2018年 5月 21日 (月)

<欅って、書けない?>(テレビ東京)
ようやく解禁!戦慄のお蔵入りVTR「ぬいぐるみ企画」

印刷

   欅坂46の結成当初からの冠バラエティー番組。MCをハライチ澤部と土田晃之、実制作を「乃木坂工事中」「『ぷっ』すま」「内村さまぁ~ず」等のk-maxが担当。今回は「2017年大清算スペシャル」。番組の企画を考えるためスタッフが1年間で17回もメンバーにアンケートを取っているのだが、そこで返ってきた余りに使えないポンコツな没アンケート回答を、反省を促す意を込め、シュレッダーにかけて供養するという年末恒例のシュール企画。

   「あなたの知っている『泣ける話』を教えてください」というアンケートでは、聞いたことのない『泣ける話』を書いて欲しかったのに、『美女と野獣』や『1リットルの涙』など有名な映画やドラマ作品を回答するメンバーが続出。澤部も「知ってっから!みんな知ってっから!」とキツくツッこむ。さらにもっとひどいのが、志田愛佳の「泣ける話はないです。」要は白紙回答と同じことなのだが、「この時泣ける話が本当になくてー。」と開き直った感じの志田に対して「キレてるのか!?」と澤部が怒る。さらに、米谷奈々未の回答が「感動で泣いたことがありません。」でスタジオに悲鳴と爆笑が起こる。ドラマのクランクアップでも泣いたことがないらしく、これまで判明した米谷の特徴も入れて「微生物 冷徹 潔癖女」と土田にあだ名を付けられてしまう。

   またメンバーが番組に言っておきたいことを聞くコーナーでは、尾関梨香が「ぬいぐるみ企画ってどうなりました?」と。8月に収録したのだが、まだ放送されてないので、この企画に尾関が出した"しまじろう"のぬいぐるみを、ブログ等他の機会に出せないという苦情だ。ここで番組制作側からのメッセージによると、このぬいぐるみ選手権は、編集作業に取り掛かろうと素材を見直した所、ぶっ飛んでいてとても30分枠で放送できる企画ではないという判断となり、O.A.を無期延期していたとのこと。羞恥心を捨てて頑張って頂いたのですが、このような結果になり深くお詫び致します、とも。これは大変気になる。

30分の企画を5分に短縮して放送

   このVTRもこの機会に供養した方がいいということで、1時間半~2時間かけて収録した、30分用のこの企画をたった5分に縮めて今回放送することに。正式タイトルは「欅坂46ぬいぐるみ企画・絆がNo.1なのは誰だ選手権」で、11人のメンバーに溺愛するぬいぐるみを自慢してもらい、最も絆が強いベストぬいぐるミストを決定するというもの。まずは自己紹介...だが、もちろんぬいぐるみだけでは喋れないので、持ち主のメンバーが微妙に声色を変えてアテレコする。トップバッターの織田奈那によるラクダの「ダニダ」は最後に噛んだくらいで滞りなく進行したが、終了直後に土田が言った「澤部さん!これ今週30分イケますかね?」は予言を的中させていた。続いての佐々木久美は「僕の名前はうっぽん。ゴリラのゴリラだよ~」と自己紹介。"ゴリラのゴリラ"って...!? それを見てる周りのメンバーで爆笑する人もチラホラいれば、佐々木美玲のように笑っちゃうくらい無感情で真顔になっている人も。

   5分verを見た土田は、面白い、番組のDVDが出たら30分verを入れて欲しいと太鼓判だったが、今メンバーに改めて感想を聞くと、尾関は「自分ついに頭おかしくなっちゃた」、米谷も「(見てる方も)どうしたらいいんだろう...」と終始困惑していた模様。その表れが佐々木美玲の真顔に出ている。こちらとしては30分verも是非見てみたいが、お蔵入りになったのも頷ける。要は家の中で誰も見ていない空間をTVでやってるわけだから、そりゃこんなおかしな雰囲気になるよね。でもある程度ぶっ飛んでいる企画の方が面白いということもあるので、スタッフには今後も諦めずにこういう挑戦的な企画にまたチャレンジして欲しい。

(テレビ東京 12月24日深夜1:05放送)

鯖世 傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中