2018年 10月 22日 (月)

貴乃花の処分重すぎる!加害側・伊勢ヶ浜「降格」なのに「解任」

印刷

   「報告義務を怠り、危機管理委員会の調査への協力を拒否し、公益法人の役員として忠実義務に大きく違反している」

   貴乃花親方の理事解任を全会一致で決めた日本相撲協会の臨時評議員会の後、池坊保子議長は解任理由をこう述べた。「スッキリ」では処分は重すぎるのではないかというコメントが多かった。

すべての始まりは日馬富士の暴力

   相撲ジャーナリストの銅谷志朗氏は「日馬富士が頭を殴らなければこんなことにはならなかった。伊勢ヶ浜親方は降格で、貴乃花親方が解任とより重い処分となったのは納得いかない」と話す。

   菊池幸夫(弁護士)は「処分は重いと思う。貴乃花親方がだんまりを押し通したために、つけ込まれるスキを与えてしまった。ちょっと考えてほしい」という。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中