大河ドラマ「西郷どん」初回視聴率はワースト2位 「薩摩弁がわからん」の声殺到

印刷

   7日(2018年1月)に放送されたNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(地上波)の初回の平均視聴率は15.4%(関東)で、大河ドラマの初回視聴率としては歴代ワースト2位(関東地区)だったことが、ビデオリサーチの9日の発表でわかった。

   「西郷どん」は林真理子さんの小説が原作で、薩摩藩(鹿児島)出身の西郷隆盛の生涯を描いたもの。そのためか、関西地区では19.8%と比較的好調だった。また、最近は地上波の2時間前に放送されるBSプレミアムで大河ドラマを見る人も増えており、こちらの平均視聴率は4.9%(関東地区)で、16年の「真田丸」初回の3.3%、17年の「おんな城主 直虎」の4.3%を上回る好スタートとなった。

「字幕のテロップ入れてたもんせ」

   一方、ネット上では初回は子役ばかりとあって、西郷を大抜擢する島津斉彬役の渡辺謙のカッコよさと、薩摩弁の分かりにくさが話題になった。

「『侍がそっくり返って剣を振り回す時代はおわるんだ』。わあ~スゴイ。馬上からキッパリ言い切られたケンワタナベ様に思わず拝聴してしまった」

「方言キツクて半分もわからんごわす。字幕のテロップ入れてたもんせ」

「薩摩弁が本格的過ぎて外国語を聞いているみたい。言葉が気になって話に集中出来ない。今までの大河ドラマはこんな事なかった」

   一方、鹿児島県人からはこんな擁護の声も。

「(ツイートの大半が)『薩摩弁がわからん』で埋まっているけど、あれでもかなりマイルドであって、ネイティブの薩摩弁は本州人にはもはや暗号レベルであることを、声を大にして言いたい」

(テレビウオッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中