2018年 11月 20日 (火)

燃え盛る炎に男を投げ入れるヤバすぎる伝統行事!神奈川・伊勢原のどんど焼き

印刷

   タレントの平野ノラが「JAPA―NAVI」コーナーで、神奈川県の「丹沢・大山~伊勢原」を巡った。年間100万人が訪れるいま人気の観光スポットだ。ふもとの伊勢原市の神戸(ごうど)地区では、毎年1月に「どんど焼き」が行われる。縁起物を燃やし無病息災を願う行事だが、ここのどんど焼きはちょっと違う。

   塩澤大輔アナ「男性が火に投げ入れられましたよ!ただのどんど焼きじゃない」

   勢いを増した炎に煽られた男たちが、一気にテンションアップして一人の男性を担ぐと、燃え盛る炎に向かって放り投げたのだ。

服3枚重ねでやけど防止

   100年以上続く伝統行事で、前年に幸せなことがあった男を火に投げ込み、無病息災を願う。投げられる男は服を3枚以上重ね着しているので大丈夫らしい。消防団立ち会いのもと安全に行われ、この100年間事故は起こっていないという。

   なぜこんな行事が始まったのか、理由は誰も知らないが、やめるきっかけもなく今まで続いているそうだ。

   有働由美子キャスター「良い子はマネしないように、ですね」

   男たちを投げた後は、何事もなかったようにどんど焼きの火で焼きだんごを作る。塩澤アナは火の熱さにかけて、「まさに激アツな町です!」とまとめた。

ピコ花子

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中