2018年 7月 22日 (日)

インフル新薬「ゾフルーザ」まもなく発売!早く効き1回飲むだけ

印刷

   インフルエンザの新薬ゾフルーザが、世界にさきがけて日本で実用化される見通しになった。来月(2018年3月)にも厚生労働省で承認され、5月には発売される。

   これまでの治療薬「タミフル」「リレンザ」はウイルスを細胞の外に出すことで効果を発揮するが、新薬は細胞内の遺伝子レベルでウイルスの増殖を抑える。それだけ早く効く可能性がある。服用もタミフルなどは1日2回、5日連続だが、1回でいい。従来の薬で対処できなかった耐性ウイルスにも有効だそうだ。

流行ピークは来週まで

tv_20180208120317.jpg

司会の加藤浩次「うちの娘の小学校は学校閉鎖になりました。新薬は使い方が大事ですね」

   池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「むやみに飲むと、新しい耐性ウイルスができてしまいます。新薬があるからといって、予防ワクチンをうたなくていいわけでもありません」と注意を促した。

   今冬のインフルエンザは、1医療機関当たりの患者数が1週間(1月22日~28日)で全国平均52・35人と過去最多に達した。

水卜麻美キャスター「流行のピークは来週まで続くそうです」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中