<オトナの土ドラ「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」>(フジテレビ系)
被害者遺族の主人公が、加害者の弁護人に! 負の感情がもつれ合う社会派ミステリー

印刷

   東海テレビ開局60周年記念作品の第1話。脚本は昼ドラ時代の中でも名作とされる「幸せの時間」「聖母・聖美物語」を手がけたいずみ玲。制作会社は同じく昼ドラの名作「牡丹と薔薇」「冬の輪舞」などを手がけたビデオフォーカスが担当し、それだけでも否応なく期待できる作品だ。 ......
[記事に戻る]

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中