2018年 7月 19日 (木)

上野の銅像イメージ一新を期待!細目の西郷・鈴木亮平に違和感なし
(NHK総合)

印刷

    まあまあ出足好調である。目が細い鈴木亮平が南方系でギョロメの「西郷さんに扮するのか?」と気になっていたが、立派な肉体で、今のところ違和感はない。気に入らないのは、島津斉彬に扮する渡辺謙が歳を取りすぎていること。父親の島津斉興を演じる加賀丈史と、どう見ても親子に見えず、同年代に感じてしまう。それと音楽が通俗的で、「大陸横断ウルトラクイズ」に使われた楽曲のモノマネ。

   貧乏な下級武士の大家族ぶりや、娘を売るしか方策のない極貧の庶民の悲惨や、いわば予想できる登場人物のエピソードより、斉彬派と久光―お由羅派の対立を仄聞する、しもじもの西郷たちの一喜一憂が面白い。知的な大久保正助(瑛太)と体育会系の西郷吉之助が、お糸(黒木華)を挟んで三角関係らしい成り行きもどうでもいい。女性については、まだまだ幼い感じの後の篤姫(今は於一、北川景子)が実に爽やかで可愛らしく演出されていて目の保養である。

   江戸城の無血開城を成し遂げた西郷隆盛の、一方では負けると分かっていて西南戦争に突入し、自決に追いやられる結果になった融通のなさ、頭の硬さを、1人の人物の中に並列させて、視聴者から共感を得られるように描き分けるのは至難の業である。さーて、お手並み拝見。脇の人物では、父親・西郷吉兵衛になる風間杜夫、お由羅の小柳ルミ子らが適役だ。上野の銅像で刷り込まれた西郷さんのイメージを一新してくれるような「せごどん」が描けるかどうか。(放送2018年2月4日20時~)

   

   (黄蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中