2018年 9月 24日 (月)

羽生1位!宇野3位!SP好発進――ノーミスで4回転次々成功

印刷

   きょう15日(2018年2月)と16日に行われるフィギュア男子で、羽生結弦選手は66年ぶりに連覇となるのか、ワイドショーとしては平昌オリンピックで一番の注目競技とあって、「ビビット」の司会の国分太一も会場の江陵アイスアリーナに出かけていた。

   ショートプログラムの結果は羽生が111・68点で1位、宇野は104・17点で3位だった。2位はスペインのハビエル・フェルナンデスで107・58点。

tv_20180216145821.jpg

   競技前、元フィギュア日本代表の鈴木明子さんは「足首の故障も不安要素はない」と語っていたが、その通りだった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中