2018年 11月 13日 (火)

「天才バカボン」18年ぶりアニメ化 「20世紀最強のギャグ漫画」が21世紀に再登場なのだ!

印刷

   "20世紀最強のギャグ漫画"と謳われた故・赤塚不二夫さんの代表作「天才バカボン」が、18年ぶりにテレビアニメ化されることが3日、分かった。「天才バカボン」は1971年、75年、90年、99年にもテレビアニメが放送されており、5度目のテレビアニメ化だ。

パパ役は古田新太、バカボンを入野自由ら豪華声優陣

   21世紀になって初のアニメ化の「深夜!天才バカボン」は、2018年7月から深夜枠で放送される(放送開始日未定)。主人公・パパ役は古田新太が務める。パパの息子でのんびり屋さんの"バカボン"を入野自由、美人の"ママ"に日高のり子、天才赤ちゃんの"ハジメ"を野中藍が演じる。

   そして、「おでかけですか、レレレのレー?」の"レレレのおじさん"役を石田彰、やたらとピストルを撃ちまくる警官の"本官"役に森川智之、ウナギとイヌの奇跡の愛の結晶"ウナギイヌ"役を櫻井孝宏が担当。豪華な声優陣が集結した。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中