2018年 9月 25日 (火)

台湾ネットアイドルに入れ込んだ日本人48歳男性 引退のショックから白昼「切腹」に及ぶ

印刷

   台湾トップのネットアイドルDoraさん(24)にあこがれた48歳の日本人男性が、台湾の街中で切腹を図った。アイドルがネット配信から引退するのにショックを受け「死のうと思った」のだそうだ。

   路上にうずくまる男性の写真には、白いシャツの腹に赤い血らしいものが映っていた。果物ナイフで腹を3ミリ刺したところで、痛みを感じた瞬間にやめたらしい。べつの写真には赤いシャツに白いミニスカートの女性が映っていた。それがDoraさんで「私と少し話した後、ナイフをお腹に刺したんです」と警察に話した。

ナイフで腹を3ミリ刺したところで「痛ててて...」と止める

tv_20180403112048.jpg

   Doraさんは視聴者500万人ともいわれるライブ配信のアイドルで、男性は日本で毎日のように見て「心のよりどころだった」という。しかし、引退してショーガールに転身するという発表に「見られなくなったら生きていく意味がない」と、台湾まで直談判にかけつけたのだった。3月30日(2018年)白昼、片言の英語で話しかけてから「切腹」に及んだ。

   ネット配信を見たファンがプレゼント品を申し込むと、アイドルに一定の収入が入るシステムで、ファンはアイドルの生活を支える感覚になるらしい。

   山田俊浩(経済オンライン編集長)「ニックネームと金額が画面に表示されるので、自分が一番だとあおられて、のめりこんでしまいます」

   司会の小倉智昭「48歳にもなって、ほかによりどころがありそうなものだけどなあ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中