2018年 5月 25日 (金)

鎌倉より大きい大仏さま 東京・日の出町に出現!新名所になるか?間もなく公開

印刷

   鎌倉の大仏より背が高い大仏が東京に出現した。間もなく公開されるというので、「スッキリ」の阿部祐二リポーターが訪ねた。東京の西の方、多摩・日の出町の山林にそれはあった。たしかに、でっけえ。

   「ありましたあ」といつも大げさな阿部が指す先に、黒光りする大仏さまがいた。まだ開眼前だから、参道というよりは工事のために雑木林を切り開いた道の先に、この地で500年以上になるという古刹「宝光寺」が建設を進めていた。名前は「鹿野(ろくや)大仏」という。

奈良に次ぐ、わが国で2番目の大きさ

   奈良や鎌倉の大仏と同じ坐像で、高さは12メートル。奈良の大仏が15メートルで、鎌倉が11.3メートルなので、奈良に次ぐ大きさになる。台座まで含めると18メートルという堂々たるものだ。

   2015年に元になる塑像ができ、山形で鋳造された。巨大なパーツを一つひとつ運んで、昨年秋(2017年)から組み立てが始まった。デザインでこだわったのは、「イケメン」だという。美男で知られる鎌倉の向こうを張るつもりらしい。

   八坂良秀住職の案内で、テレビカメラが台座の下を覗くと、そこにもミニチュアの金銅像が安置してあった。住職によると、大仏建立は先代の父親からの計画で、安全祈願や地域活性化を祈ってという。

   司会の加藤浩次や近藤春菜キャスターも「すごい」「面白い」と驚くばかり。

   公開は今月半ば(2018年4月)の予定で、桜の季節は過ぎてしまったが、交通の便は悪くないところなので、新たな名所になるのかもしれない。

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中