2019年 3月 25日 (月)

無敵の大谷翔平に思わぬ伏兵 季節外れの大寒波に試合中止、快投お預けに

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米大リーグで投打の大活躍を続ける大谷翔平選手が今朝16日(2018年4月、日本時間)、出場予定を思わぬ敵に阻まれた。ロイヤルズ戦に3連勝をめざして登板するはずだったが、中西部カンザスシティーの猛烈な寒さのために試合が中止になったのだ。

18日のレッドソックス戦にスライド登板

tv_20180416111140.jpg

   何しろ現地の気温はマイナス1度、季節はずれの雪が降る騒ぎで、球場にはツララまで。岩手県出身の大谷もニット帽をかぶり、さすがに寒そうにしていた。日米で人気沸騰の「ショー(翔)タイム」はお預けだ。

   司会の国分太一「いやあ、寒さで試合中止は珍しいな」

   カンニング竹山(タレント)「シーズンは長いから、無理にやってけがされるよりはいいですよ」

   投打二刀流の大谷はこれまで、投げては2勝0敗、打っては打率3割6分7厘、ホームラン3本、ホームランが出ない試合でも技ありのバットコントロールでチームに貢献するなどと絶好調だ。

   投手として、次回は18日のレッドソックス戦にスライド登板する。100マイル(161キロ)を超すストレートと「悪魔のような」といわれる変化球をどこまで見せてくれるだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中