2019年 1月 23日 (水)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

「レオナルド・ディカプリオ」新種の昆虫に勝手に命名!本人は喜んでるらしい

印刷

   「これはレオ様もビックリの展開ですよね」と山崎夕貴キャスターが取り上げた。俳優のレオナルド・ディカプリオの名前が、新種の水生甲虫(タガメなどの仲間)に付けられていたというのだ。

   笠井信輔ニュース・デスク「先日、学術誌に出てニュースになったんですが、どうも勝手に(許可などは取らずに)虫の名前にするそうなんですよ」

   この虫は「グルベリナス・レオナルドディカプリオイ」。環境保護に熱心で、財団を立ち上げ巨額の寄付をしているディカプリオへの敬意を表して、科学者らが名付けたという。

トランプ大統領、アーノルド・シュワルツェネッガーという虫もいるよ

tv_20180510123858.jpg

   本人はどう思っているのか。「とくダネ!」は問い合わせたが、返信はなかったそうだ。ただ、ディカプリオ財団は「本人も喜んでいると思う」とコメントし、公式フェイスブックでこの虫を紹介している。

   山崎「みなさん、どうですか。この虫、自分の名前が付いていたら」

   伊藤利尋キャスター「選びたいですよね。タガメの仲間はちょっと、という感じはあります」

   ほかにも、トランプ大統領、アーノルド・シュワルツェネッガー、デビッド・ボウイらの名前を付けられた虫がいるといい、「オグラヒラタゴミムシ」という虫も存在するそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中