2018年 7月 20日 (金)

すごいぞ大谷翔平、2ケタ奪三振ショー! 4勝目逃すもチームはサヨナラ勝ち

印刷

   大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(23歳)がけさ14日(2018年5月)、ツインズ戦に登板。またしても奪三振ショーを繰り広げた。

   最速で時速159キロの速球やスプリットを駆使して、11奪三振を記録。6回3分の1を3安打1失点と好投した。7回途中、勝ち投手の権利を残したままエンゼルスがリードした場面で交代したが、降板後に後続が打たれて4勝目はならなかった。しかし、チームはサヨナラ勝ちをした。降板の際は、観客から大谷の好投をたたえるスタンディングオベーションが起こった。

今のところベーブ・ルースを上回る記録

   小倉智昭キャスターは「6回まで18のアウトのうち、11は三振ですから、本当に冴えていました。ただ、ツインズのロマロという同い年の投手も、今シーズンにデビューして、まだ1点も取られていない。投げ合いで、やっとエンゼルスは1点取ったのですが、大谷が降板した後に後続が打たれてしまった」と残念がった。

   一方で、こうも指摘した。

「さすがの大谷選手のもランナーが出ると、ボールが先行してしまう。そのへんがこれからの課題かもしれない。ただ、とにかくたいした投手で、今のところ、ベーブ・ルースの記録を上回っています」

   

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中