2018年 8月 21日 (火)

ここは本当に日本? 奈良の街中でシカ50頭が集団爆走する「恐怖映像」

印刷

   近鉄奈良駅から徒歩2分、古民家が並ぶ人気の観光スポットにひづめの轟音が鳴り響いた。50頭以上のシカの群れがアスファルトを蹴りつけ、爆走していたのだ。

   おととい13日(2018年5月)午前6時に撮影された映像だ。撮影者は、シカたちのあまりの迫力に恐怖を覚えたという。

   なぜこんな街中で、シカの大群が爆走したのだろう?

シカたちは奈良女子大学を目指した

tv_20180515114644.jpg

   シカの生息に詳しい奈良教育大学の鳥居春己特任教授(哺乳類学)は「シカの大群は奈良女子大学を目指した」と分析する。奈良公園の草は踏み荒らされてしまい、美味しくないため、奈良女子大学が絶好のエサ場になっているというのだ。

   ではなぜ50頭もの大群になっていたのか?

   鳥居教授の見方はこうだ。シカは普段10頭くらいの群れで暮らしているが、この時は複数の群れが奈良女子大学を目指し、偶然に合流した。先頭の1頭が走りだしたため、つられて後続のシカたちも走り出したのではないか――。

   撮影者によると、まだ閉まっていた奈良女子大学の門の前では、大勢のシカが待機していたという。

   玉川徹(コメンテーター)「1頭が走り出すと、『なにか危険があるのでは』と感じてほかも走り出すというのは野生の本能なんです」

   羽鳥慎一「小さい子どもが、シカにドーンとぶつかられたら危ないです」

   菅野朋子(弁護士)「角があるし、大けがしますよね」

   羽鳥慎一「人的被害がないから笑えましたけど、今後そういうわけにはいかない状況になりそうです」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中