2019年 6月 18日 (火)

よくやく記者会見したアメフト内田監督、「心外だ」「回答は文書で」と反省ゼロ回答連発

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   日大アメフト部の悪質タックルの試合から2週間、ようやく内田正人監督が公の場に姿を現した。19日(2018年5月)、負傷させた関西学院大学の選手らに謝罪した後、伊丹空港と羽田空港で開かれた会見で、監督の辞任を表明した。しかしその内容が、さらなる批判を浴びる結果になった。

   相手チームの関西学院大学を何度も「かんさい(正=かんせい)がくいんだい」と言い間違え、何を聞かれても「文書でお答えしたい」の一点張り。

   さらに「悪質タックルの指示をしたのか」という記者の質問には「色々な憶測やSNSの拡散など対応しきれないところがあり、そういう話は心外です」と不快感をあらわにした。

「この期に及んで何を守っているの?」

tv_20180521130428.jpg

   一方で、日大アメフト部の現役選手は番組の取材に対し、「関学戦の前日かその前に、監督が相手のクオーターバックを壊して来いと言っていたのを聞いた。おそらくケガさせろということだと思う」と明言している。

   また、内田氏の謝罪の場に同席した選手の父親は「どうしてあのようなプレーをしたのかの説明もなかったし、指示があったかも(監督が)話されなかったので、釈然としない」と話している。

   また内田氏は、大学の常務理事を辞任するかという質問には「それは違う問題なので」と回答している。

   石原良純(気象予報士)「大学の名前を言い間違えたのはともかく、何も語らず、いずれ書面でと、また先延ばしするのは誠意がない」

   住田裕子(弁護士)「前に日大が出した文書は、選手が暴走したといわんばかりの内容だった。(今回も)何も語らず、『心外だ』などと発言して、責任を正面から認めていない。指示を認め、『選手は悪くない』というのが本当の責任の取り方です」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「複数の現役選手が証言をして色々明るみに出ているのに、この期に及んでいったい何を守っているのでしょうか」

   司会の羽鳥慎一「選手や日大の名誉を守りたいなら、この対応は間違っています」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中