2019年 7月 20日 (土)

「日大アメフト緊急会見」警視庁捜査の予防線?潰してこいは認めてもケガさせろは否定

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   きのう23日(2018年5月)に日本大アメリカンラグビー部の内田正人前監督と井上奨コーチが行った記者会見は、『意図的な悪意』を否定し、自分たちの責任は言葉が足らなかったことだと逃げることばかりに終始した。

   内田氏は「(QBを潰せの指示は)私からの指示ではございません」と言い、井上コーチは「僕がQBを潰してこいと言ったのは真実。彼に自分の闘志を出してやれとか、思い切りやって欲しいとかいろんな意味を込めて言いました。ケガをさせろとは言っていません」と語った。

監督は言いわけ、コーチはかばいだて

tv_20180524151842.jpg

   スポーツライターの小林信也氏は「宮川選手が本当に謝ったのに、監督は言い訳、コーチは監督をかばってばかりでした」と呆れる。元アサヒビールアメフト部「シルバースター」の元選手・秦英之氏は「明確に感じたのは、宮川選手の言っていたこと、振る舞いが、監督・コーチとは真逆だったこと。違和感、怒りを感じました」という。

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「冷静にこの会見を考えると、最終ラインを引いてきたなと見えますよ。最終ラインとは、たとえば、潰してこいの発言は認めているが、核心のケガをさせろという部分は二人とも明確に否定しています。警視庁が捜査に動き出したと言われていることを考え、会見に臨んだのだろうと思います」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中