2019年 8月 23日 (金)

倉持明日香も年季入った「プ女子」生身の背中がかっこいいんです―プロレス復活支える女性たち

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   プロレスが様変わりしたという。後楽園ホールを埋めるのは、今や「プ女子」と呼ばれる若い女性や家族連れで、新日本プロレスの売り上げは7年前の3倍、40億円に迫るらしい。

   日本のプロレスは力道山以来、60年以上になる。流血や遺恨試合に興奮したのは男性ファンだったが、10年ほど前から「暗黒の時代」に入る。他のイベントに客を奪われたのだ。30年になるベテランの獣神サンダー・ライガーは、「プロレスの火が消えかけた。それを引っ張ったのがあいつだ。あいつだけは折れなかった。今もそうだ」という。

   あいつとは棚橋弘至。どんなに客が少なくてもイベントに顔を出し、力いっぱいのファイトを見せた。プロレス復活にかける姿に共感が広がった。とりわけ女性の心を捉えた。

   転機は6年前、人気アニメのカードゲーム会社「ブシロード」が新日本プロレスを系列会社にした。オーナーの木谷高明さんは「人が感動するのは、キャラクターとストーリー。プロレスを通して生き様を見せている選手を、身近なものにしたかったんです」という。

   山手線に車体広告を打った。プロレスとは無縁だった女性誌や文芸誌で、レスラーが人生を語った。プロレスのイメージが変わった。木谷さんは「プロレスには人々の人生に寄り添う力があります。レスラーの表現力自体が時代に求められているんです。時代が不安だから、ヒーローを求めている」という。

棚橋弘至さんに元気をもらった

   アニメーターの岡林あいさんは5年前、電車の広告を見た。退職して、明日が見えない時だった。姉を誘って会場へ足を運んだ。そこで「棚橋さんに元気をもらった」という。「リングに立っているだけで、誰かを救っている」と。 岡林さんはいま再び鉛筆を握っている。棚橋さんは「嬉しいですね」という。「応援してもらって、力をもらって、また喜んでもらって。ファンの方とともに走って、エネルギーの交換をしてる。会場はパワースポットなんです」

   と笑顔だ。

   元AKBのタレント倉持明日香は中学時代から「プ女子」だった。「非日常を求めて会場へ行くんだけど、その空気感がリアルではまるんです。戦っている生身の背中がかっこいい」

   武田真一キャスター「腹筋じゃなくて?」と大笑いする。

   新日本プロレスのレスラーは外国人を含む60人以上。棚橋が牽引する「本体」、対抗するヒールの「ケイオス」、チャンピオンのケニー・オメガの軍団など5つのグループがある。昨年9月(2017年)からの1年に159大会。7月からトップ選手のリーグ戦「G1クライマックス」があり、勝者はチャンピオンへの挑戦権を得る。

   お笑い芸人でコラムニストのプチ鹿島は「非日常はキーワードです。昔の非日常は日常絶対にいない人たちだった。今は僕らと同じ世界で頑張ってる人たちだから共感できる」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中