2019年 11月 19日 (火)

ビートルズ批判では元祖大炎上! 日曜朝の名物番組「時事放談」が44年の歴史に幕

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   長年にわたって日曜朝から硬派の政治問題を取り上げてきたTBS系討論番組「時事放談」(日曜午前6時~)が今年9月末で放送を終了することが31日(2018年7月)明らかになった。

「あんな連中、夢の島で公演をやれ!」毒舌し放題がアダに

 

   1957年以来、休止した時期もはさみ約44年間続いてきた名物長寿番組だ。現在は、東京大学名誉教授の御厨(みくりや)貴氏がホストを務め、与野党の大物政治家などのゲスト2~3人を呼んで討論するというスタイルだが、1957年にスタートした時は、政治評論家の細川隆元氏と小汀利得(おばまとしえ)氏との歯に衣着せぬ毒舌が人気だった。

   細川氏らの侃々諤々(かんかんがくがく)のトークが当時の世論に影響を与えることも多かった。ビートルズが来日した1966年、細川氏らは数回にわたってビートルズを批判、「あんな連中に外貨を与えるな」「公演は武道館ではなく夢の島でやれ」と罵倒し続けた。番組を見た当時の佐藤栄作首相が、秘書官を通じて主催者に武道館での公演に難色を示したといわれる。

   激高した全国のビートルズファンの抗議がTBSに殺到、TBSは別番組でファンの少女らと細川、小汀両氏が討論する場をもうけて放送したほどだった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中