2019年 8月 18日 (日)

SUGIZOが伝えた豪雨被災地の現状 「圧倒的に不足している」のは...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「LUNA SEA」や「X JAPAN」などで活躍するギタリストのSUGIZOが、7月31日(2018年)のツイッターで、倉敷でのボランティア活動に参加した旨と、被災地の現状について報告した。

「先週末よりPBVの一員として倉敷にボランティアに入っている。主に真備町での作業が中心なんだけど、被害は想像以上に深刻だ」

   「PBV」は、一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンターの略称。国内外からボランティアを組織し、緊急支援活動及び、復興支援活動を行っている。SUGIZOは、2011年にも石巻で、チームの一員としてこの活動に参加している。

   今回のツイートに投稿された写真には、積み上げられた土嚢やがれき、避難所の様子などが写されている。被災地の様子についてSUGIZOは、

「観測史上最悪の豪雨は、その被災地も過去類を見ない程広い範囲にもたらした。現状では家屋清掃人員と、食事支援の為の調理人が圧倒的に不足している」

と指摘。そして、

「痛切に参加者を求む。SGZ」

と、ボランティアを募った。

   このツイートには、ボランティア中のSUGIZOと出会ったという真備町の中学生から「これからも多くの人たちを元気にしてあげてください」と感謝するリプライも寄せられた。これにSUGIZOは、

「メッセージありがとう。今日は会えて嬉しかったよ。過酷な状況が続くけど、お互いに熱中症に気をつけて今を乗り切ろうね」

と思いのこもった返答をしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中