2019年 7月 21日 (日)

「彼女なら天国からでも歌声が...」 平原綾香、アレサ・フランクリンさんを追悼

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   歌手の平原綾香が17日(2018年8月)、ブログを更新し、「ソウルの女王」として知られた米歌手アレサ・フランクリンさんの死を悼んだ。

   AP通信などの報道によると、アレサさんは16日、米デトロイト州の自宅で死去した。76歳だった。がんを患っており、数日前から危篤状態にあると伝えられていた。平原はアレサさんの訃報を受けて更新したブログで、

「あなた自身、アーティストであれ。
常に自分のしていることに自信をもつこと。もし自信がもてないのならやらないほうがいいわ
アレサ・フランクリンの名言です」

とコメント。同じ歌手として、彼女を深く尊敬しているようで、

「彼女なら天国からでも歌声が聴こえてきそう
偉大な、偉大な アレサ!同じ時代に生きる事が出来てよかった
これからもずっと、大好きです」

との思いをつづった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中