2019年 7月 21日 (日)

公家の岩倉具視が「大阪弁」でいいの!? 「西郷どん」の笑福亭鶴瓶に違和感の声

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   NHKの大河ドラマ「西郷どん」では、12日(2018年8月)の「怪人 岩倉具視」の回から今後の展開のキーマンとして岩倉具視役で笑福亭鶴瓶が登場している。

   ところが、京都の公家のはずなのに大阪弁丸出しの演技に「鶴瓶にしか見えない」「岩倉が大阪弁ってあり?」などと疑問の声がインターネット上に噴出している。

「あまりに大阪のオッチャン感がですぎやん」

   ネットの掲示板には12日以降、こんな落胆の声が相次いでいる。

   「鶴瓶のまんまやん。あまりにも大阪のおっちゃん感が出ていたかなー」

   「鶴瓶師匠はいつもの鶴瓶師匠だった。岩倉具視が鶴瓶さんになっていた]

   「大阪弁の岩倉具視に『麿』って言われても。薩摩弁はしっかりやってるのに、京ことばのハードルが低すぎる」

   一方では、こう評価する声もあった。

   「刀剣での私闘のやめさせ方が、学校の下校時間間際のベテランの先生の帰らせ方みたいでウケる」

   (テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中