2019年 1月 17日 (木)

古市憲寿、エスカレーター問題に参戦 「世界中で歩いているからなあ」

印刷

   社会学者の古市憲寿氏が29日(2018年8月)ツイッターを更新し、エスカレーターの「片側歩き問題」について持論を展開した。

   古市氏は、エスカレーターを歩くことは「危険」だと注意を呼び掛けるウェブメディアの記事を紹介しながら、

「でも世界中で歩いているからなあ。そんな先進国で共通の習慣をすぐに変えるって無理でしょ」

と切り捨てた。その上で、どうしても歩く行為を止めさせたいなら、

「歩くのが恐怖になるくらいの超高速エスカレーターを作るとか」

と提案していた。

   こうした斬新なアイデアを受けて、投稿のリプライ(返信)欄には、

「『超高速エスカレーター』 歩いてみたい」
「スピードをつけすぎると高齢の方が乗れず入り口でダマになってしまうので、一段の高さを1mぐらいにするといいと思います!」
「歩く人用作ればいいのに」

と古市氏にのっかるユーザーも出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中