2019年 6月 20日 (木)

宮川パワハラの塚原千恵子・本部長どんな人?不公平採点に怒った選手ら競技ボイコット

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   きのう29日(2018年8月)、「パワハラされた」と体操の宮川紗江選手(18)から名指しされた日本体操協会・女子強化本部長の塚原千恵子氏(71)とは、どんな人物なのか。

   1991年の全日本選手権のとき、女子体操選手の出場者91人中の55人がボイコットするという異常な事件の中心にいた人だった。理由は採点が不公平だという不満だったが、その時の女子競技委員長が、夫で現副会長の塚原光男氏で、主任審判が千恵子氏だった。千恵子氏はこれで辞任に追い込まれた。

   オリンピック体操の金メダリスト森末慎二さんが説明する。「点をつける審判を自分側につけてしまえば、相手側はどんな素晴らしい演技をしても点が取れない。やってもしょうがない、とボイコットしたわけです」

   テリ―伊藤(タレント)「ボクシングの『奈良判定』と同じですね」

森末慎二「体操協会の中に夫婦がいて牛耳ってる異様」

tv_20180830132226.jpg

   堀尾正明キャスター「千恵子さんは表に出ないのかなと思っていたら、復活してたんですね」

   森末「協会の中に夫婦がいて、この立場にいるということ自体がおかしいですよね。ノ―という人は排除して、イエスマンだけを置いておくということじゃないですか」

   堀尾「スポーツ庁もグリップしないといけないですね」

   この協会、これからどうなるのか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中