2019年 3月 21日 (木)

「民間初の月周回旅行」ZOZOTOWN前澤友作社長が全9席予約!世界的アーチスト招待

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   アメリカのベンチャー企業「スペースX」は、2023年の実現を目指している民間初の月周回旅行の乗客に、通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する前澤友作社長を選んだ。前澤社長は宇宙船の座席9席すべてを予約した。

   前澤社長は「子どものころからずっと月が好きでした。月はいつも人類に着想を与えてきました。だから、月を間近に見るこの機会を私は逃さないつもりです」と語った。

催行のスペースX社「前澤氏は手付金を払ってくれています」

tv_20180919122431.jpg

   購入金額は明らかにされなかったが、スペースXのイーコン・マスクCEOは「この計画には50億ドル(約5600億円)近い額がかかる。前澤氏はすでに手付金を払ってくれています。ロケット開発に十分貢献してもらうほどの金額です」と話した。現地メディアによると、前澤社長は100億円以上を支払ったともいう。

   この月旅行は、スペースXが開発中の宇宙船BFR(ビッグ・ファルコン・ロケット)で1週間かけて月を回って帰ってくるという計画だ。BFRは全長100メートル、直径9メートルの大型ロケットで、打ち上げ後に1段目を分離し、軌道上をマッハ25のスピードで飛び続け、月を目指すという。

「月は時代を超えて私たちの想像力をかき立ててきた」

   前澤社長は最大8人のアーティストを同行させる予定だ。その理由について、「帰還後に作品を生み出してもらうため。月は時代を超えて私たちの想像力をかき立ててきた」「世界の平和にも貢献したい」などと語った。

   司会の羽鳥慎一「スケールが違いすぎますね」

   前澤社長を取材したことのある「ビジネスインサイダージャパン」の滝川麻衣子記者は「前澤さんは目がキラキラして、少年のような夢を失わない経営者。だから月の話も違和感はありませんでした」と話す。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「前澤さんの名前は噂で上がっていましたが、まさか買い占めるとは思いませんでした」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中