2020年 12月 1日 (火)

萩原慎一郎「歌集」に励まされた!いじめ、非正規雇用に落ち込みながら残した1000首

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   一冊の歌集がいま異例のヒットとなり、話題を読んでいる。昨年6月(2017年)に32歳で亡くなった萩原慎一郎さんの「滑走路」だ。萩原さんは学生時代に受けたいじめや非正規として働く経験をもとに短歌を創作した。

   田中泉キャスター「創作の根源にあるのは、いじめという不条理な事態が招いた非正規という境遇です」

   夢や恋、同じような境遇の人たちへのエールも歌っており、読者は「はげまされた」と話す。生前、1000首以上の短歌を残しており、「牛丼屋」「消しゴム」など身近な題材も歌っていた。

俵万智の和歌に出会って、自分でも詠んでみたい

   萩原さんがいじめを受けるようになったのは、受験をして入学した中学校でだった。大好きだった野球の部活に入ったが、そこでカバンがゴミ箱に入れられたり、「顔が気持ち悪い」など言葉の暴力を受けた。そんななか、たまたま俵万智の歌集を読んで、自分でも短歌をつくりはじめたという。

   高校でもいじめは続き、大勢の前に出られなくなった。卒業後は精神科に通院しながら、通信制大学で6年間学び、就労支援施設に通った。働きはじめたのは27歳で、倉庫管理や事務員などの非正規雇用の仕事だったという。

   30代前後に短歌の賞を受賞すると、その世界で評価されはじめた。しかし、母親に「普通だったら、(自分は)結婚や子供とかの年齢だよ。新卒の人たちが研修中にみんなで昼食をとってたり、赤ちゃんを連れてきた人を見て落ち込んだ」と話すなど、焦りも感じている様子だったという。

又吉直樹「苦しみと戦うためのヒントがある」

   萩原さんが自殺したのは、歌集が出版される直前だった。

   武田真一キャスター「萩原さんは自ら命を絶ってしまいました。一方で、多くの人がいまもその歌から力を得ています。このことをどう受け止めたらいいんでしょうか」

   萩原さんが好きだというゲストの又吉直樹(お笑い芸人・作家)に聞いた。

   「すごくむずかしくて、ボクもちゃんとわかってないが、でも、(萩原さんは)毎日戦って、そういう夜を乗り越えていったと思うんです。もしボクが同じような状況になったときに、萩原さんの歌に苦しみと戦うためのヒントがあるんじゃないかと思ってます」

NHKクローズアップ現代+(2018年10月16日放送「いじめ 非正規 恋・・・歌に託した人生~ある歌集・異例のヒット~」)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中