2019年 7月 20日 (土)

駅伝史上まれにみる残酷なシーン 血だらけで四つんばいで進む女子選手をなぜ止めなかったか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   きのう21日(2018年10月)に福岡県で行われたプリンセス駅伝で、岩谷産業の2区を走ったルーキー、飯田怜選手(19)が中継所前250メートルの地点で転倒、四つんばいになりながらタスキをつなぐシーンがあった。「監督がリタイアを申し出ていたことがわかりました」と、キャスターの水卜麻美アナが実状を報告した。これが本部に伝わらなかったらしい。

監督はリタイアを申し出たが...

tv_20181022110453.jpg

   路面をはう飯田選手は赤いタスキを片手に握りしめ、膝から出血。それまでの3位から最下位になりながらもタスキをつなぎ、受ける選手も涙が止まらなかった。

   このとき、廣瀬永和監督は大会本部で他チームの監督とテレビでレースを見ており、すぐにリタイアを指示したが、競技は続行されたという。飯田選手は右すねの骨折で入院し、岩谷産業は結局21位だった。

   司会の加藤浩次「なんで周りのスタッフが止めずにやらせたのか」

   杉山愛(元テニスプレーヤー)「選手生命にかかわります。監督のメッセージがなぜ伝わらなかったか、運営側に問題があります」

   ルール上は審判長か医師の判断で止めることができるという。

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「残酷な風景だった。選手は責任を感じてしまうのだから、周りが見てあげなければいけない」

   加藤「飯田選手はまったく悪くない。監督の指示が伝達されなかったのは不手際ですよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中