2019年 12月 10日 (火)

安藤和津、角替和枝さんとのママ友同士の仲を語る 「今度マージャンやろうね」って

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   27日(2018年10月)に原発不明がんで亡くなった女優角替和枝(つのがえ・かずえ)さん(享年64)について、タレント・エッセイスト安藤和津(70)が30日、フジテレビ系「バイキング」に生出演して、「元気だったし...。まだまだ生きてくれると思っていました」と、涙ながらに語った。

「サンダル履きで行き来できる仲になりました」

   安藤和津の次女で、現在、NHK朝ドラ「まんぷく」のヒロインをしている女優安藤サクラ(32)は、角替さんの長男の俳優柄本佑(31)と結婚しており、角替さんは娘の義母にあたる。「付き合ってみたらサンダル履きで行き来できる仲になりました」という。「なんでこんなに仲良くなれるかというと、サクラが柄本家で産前産後、一緒に暮らしていたんです。私も毎日のように出入りして...。本当にステキで。さばさばとして明るいし、繊細だし」と仲良しになったという。

   病院に見舞いに行った時、「『食欲は?』と聞くと『食欲あるわよ』。『どんなことしたい?』と聞いたら、『マージャンでもいいわね』と言うので、『今度やろうね』って。本当に明るかったし、元気だったし...。こんな数日で悪化するとは思わなかった」と話していた。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中