2020年 11月 29日 (日)

韓国で繁盛「クローン犬ビジネス」死んだ愛犬そっくりのワンチャン生ませます

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   愛犬とそっくりの犬を作り出すクローン犬ビジネスというのがある。韓国のスアム生命工学研究院もその一つだ。

   「子宮の中に1匹入っています」

   獣医師と見られる人物がこう言いながら雑種犬の代理母のお腹を帝王切開する。中から出てきたのは代理母とは似ても似つかないヨークシャーテリアの赤ちゃんだった。

   韓国スアム生命工学研究院はすでに1300匹のクローン犬を誕生させているという。依頼主の50%が北アメリカからで、過去に日本からの依頼もあったという。費用はクローン犬1匹で1億ウオン(約1000万円)だ。

   「クローン技術をこうしたビジネスに使うことに倫理的な問題、批判が指摘されているが、どう思うか」と聞くと、王載雄研究員はこう反論した。「新しい技術やアイデアはどうしても拒否反応の声があがります。人工授精が初めて行われたときも、サタンの仕業、神の領域に人間が入ったと批判されましたが、今は受け入れています。クローン技術もいずれ愛される時代がきます」

ペットロス癒すため生命操作する違和感

tv_20181107144502.jpg

司会の国分太一「いやあ、こういう時代になりましたね」

司会の真矢ミキ「ビジネスではなくて人助け。愛犬が他界したことで生活がガラリ変わってしまい、何も手につかない人が本当にいますからね」

   だからといって、自分のペットロスをいやすために生命を操作するというのは、あまりにも傲慢で身勝手すぎやしないか。

   科学ジャーナリストの寺門和夫氏は「ペットのクローンビジネスとしては一定の需要はあるのでしょうが、一般的なクローン動物の成功率は100分の1、1%ぐらいです」

   韓国ではヒトクローンを作って欲しいという声があがっているという。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中