2018年 11月 14日 (水)

台風21号・高潮被害の芦屋高級住宅街「水害ないというから購入したのに・・・」県の測量ミス

印刷

   今年9月(2018年)に関西地方を直撃した台風21号で、浸水被害を受けた兵庫県芦屋市の高級住宅街のハザードマップ(被害予測地図)に測量ミスがあり、「安全だというから購入したのに」という住民とマップを作成した県がもめている。

   兵庫県が大阪湾沿いを埋め立てて開発した南芦屋浜地区は、台風21号による高潮が護岸を超えて押し寄せ、17棟が床上浸水、230棟が床下浸水の被害を受けた。自治会の孝岡知子会長は「真っ暗な中、外を見てみると川のような状態になっていた」と話す。20センチの地盤地下も確認された。

護岸を実際より30センチ高く設定

   この一帯は、県が作成したハザードマップでは、浸水の可能性が低いことを意味する白い表示になっている。「浸水はしないということで安心して購入した」と50代の住民の男性は話す。

   ところが、今回の浸水被害後、ハザードマップを作成する際に護岸の高さを間違えて計測し、実際より30センチ高く設定していたことがわかった。ただ、正しい数値でハザードマップを作成したとしても、南芦屋浜地区は白い表示のままだという。

文   キャンディ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中