2019年 1月 18日 (金)

バンコクの両替所に強盗に入った日本人 お粗末すぎる犯行がタイで笑いものに

印刷

   タイ・バンコクの両替所。半ズボンで目出し帽を被った日本人男性が中に押し入ろうとする。しかし、ドアには鍵がかかっている。目出し帽を脱いで丁寧にノックする。従業員は不審に思いながらも鍵を開けると、男はバッグからナイフを取り出し「ギブ・ミー・マネー」。驚いた従業員は別の部屋に逃げ込んだ。

強盗に入った部屋に閉じ込められ「ヘルプ・ミー!」

tv_20181113123305.jpg

   男はドアをロックされたと思ってか、すぐ外に出ようとするが、開かない。カウンターを何度も飛び越えたり、戻ったり右往左往。引き出しを物色するが、金は見当たらない。パニックになり、従業員が逃げ込んだ扉をノックし助けを求める――。

   しかし、従業員が出てくるはずがない。そのまま駆け付けた警察官に強盗未遂の疑いで逮捕された。男は千葉県出身のS容疑者(33)。4つの防犯カメラに一部始終撮られていた。先週の10日(2018年11月)のことだ。

   動機について「帰国するための金が必要だった」といっている。11月1日に観光目的で入国したが、所持金は12万円だった。ナイフは日本からもってきたという。目出し帽は現地でニットを買い、ナイフで目のところを切り開いた。処罰は最長3年の懲役刑という。

   現地の人たちも「まさか日本人がこんなことをやるとは」「強盗じゃなくて、うちに来れば貸してあげたのに」とあきれ顔だ。

   野上慎平「まあ、なんともお粗末な犯行です」

   司会の羽鳥慎一「笑っちゃあいけないけど、笑うしかないですね」

   野上「S容疑者は、日本に帰りたくないとも、言っているそうですが、想定外の3年間になってしまうんじゃないかと思われます」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中