2020年 11月 30日 (月)

日大生2人を強盗で逮捕 まるでネズミ講、学生サークルの実態がひどすぎ!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本大学の現役学生2人が17日(2018年11月)、強盗容疑で警視庁に逮捕された。サークル活動を抜けた学生に暴行を加え、金を払うよう要求したというのだが、浮かび上がったのは、とんでもないサークルの実態だった。入会には契約が交わされ、違約金まで決まっていたという。まるでネズミ講だ。

入会には契約が交わされ、違約金まで決まっていた

   逮捕されたのは、ともに日大4年生の村尾光康(21)と清水勝護(22)両容疑者。今年(2018年)6月、東京都港区の路上で、サークルの元メンバーの学生の首を絞めるなどして、鞄を奪った。その理由が驚き。退会したため契約違反になり、なんと36万円を要求したのだ。

tv_20181119131736.jpg

   このサークルは「TL」といって、複数の大学の学生が組織するイベント・サークル。映像やSNSの書き込みを見ると、パーティーやバーベキューなどを楽しむ姿がたくさんある。モノによっては1000人規模、有名芸能人やラッパーが参加するなど、人集めの力は相当なものらしい。2人は、このサークルのNo.3とNo.4とされる。

   被害にあった学生によると、サークルに入会するには契約書があり、そこに2か月に2、3万円の支払いや、退会した場合でも、その先のイベント半年分を払うなどが記されていたという。この学生は入会時8万5000円を払ったという。

   しかし、その他にも、毎月4人を勧誘するというノルマがあり、やめた場合4人×3万円×3か月=36万円が「罰金」として課される。強盗容疑になったのは、この金額をめぐるものだった。

   こんないかがわしい仕組みにもかかわらず、人が集まるのには仕掛けがあった。新たに友人を呼ぶと、2000~3000円のバックがあり、10人を引き込めば、自分の負担金がチャラになる計算。まさにネズミ講だ。

幹部はジョニー・デップ愛用のブランド品

   幹部は7人とされ、村尾容疑者らは「意識高い系」と呼ばれ、ブランドもので身を固め、「ジョニー・デップ愛用のメーカーのサングラスを購入」などとSNSに書いていた。

   「とくダネ」はサークルのNo.1という学生に話を聞いたが、答えはこうだった。「真面目な活動をしている若者の将来が潰され、無責任な行動をした側が擁護されている。なぜお金を貸した側が問題視されるのか、不思議。TLは素晴らしい組織です」

   小倉智昭「学校の垣根を超えたイベント・サークル? 私たちの頃は、学生運動くらいしかなかった」

   安田洋祐(経済学者)「やっていることはかなり営利事業に近い。1000人もの組織化はなかなかできない」

   小倉「学生時代から事業欲があって、大会社を興した人だっている」

   橋口いくよ(作家)「意識高い系、なんていうと笑っちゃう。友達をお金で買うような。人の心の隙間に入るのに巧み。物悲しい」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中