2019年 5月 23日 (木)

子犬放り上げる「#空ショット」韓国で流行!愛犬家は「かわいそう」、メディアも「動物虐待だ」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   子犬を青空に放り上げて撮影し、SNSに投稿する「#空ショット」が韓国で流行し、愛犬家からクレームがついている。投稿は10月(2018年)からだけで2万件以上になるという。

   阿部祐二リポーターが韓国の愛犬家に聞くと、「度が過ぎます」「犬がびっくりしているのがわかる」と呆れている。一方で「私がどれだけペットをかわいがっているか知らないくせに」「私の子犬はこの遊びが好きなのよ」などの反論がSNSにのった。

   韓国メディアは「飼い主の見せびらかし」「動物虐待はやめろ」と批判を強めている。

阿部祐二リポーターがぬいぐるみで実験・・・「受け取れるか不安です」

tv_20181121120910.jpg

   阿部がぬいぐるみで再現実験してみせた。「受けとれるかどうか不安になりました。生きた子犬で(安全に)できるか疑問です」という。

   大沢あかね(タレント)「空ショットの何がいいのか、まったくわかりません。犬はいやだ、怖いと言えません。飼い主の自己満足です。常識をもってほしい」

   司会の加藤浩次「かわいい写真は注目されやすいですが、それがエスカレートしたのでは」

   宮崎哲弥(評論家)「こういう動画が出るまでには、何枚も撮っているだろうな。かわいそうです」

   松田丈志(競泳元日本代表)「私はトイプードルを飼っているんですが、何回もやりたくはありません。いいねを欲しくてやるのはいやだな」

   キャッチに失敗して、地面に落とされた犬が何匹いることだろう。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中