2019年 6月 26日 (水)

紅葉の高尾山でトラブル頻発!動けなくなったり、心肺停止で急死・・・ナメてかかると危ない山

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   紅葉の真っ盛り東京・八王子の高尾山(標高599メートル)は老若男女の登山者でにぎわっているが、事故やトラブルが多発している。72歳の男性が下山途中で動けなくなったり65歳の男性が心肺停止の状態となり、搬送先の病院で死亡した。糖尿病の持病があり、過度な運動による低血糖症状になったと見られる。同じようなケースがほかにもあった。

   夕方、高尾警察署の山岳救助隊に、40代女性が登山道で倒れているという通報があった。女性は酒臭い臭い。聞くと、山頂付近で日本酒祭りをやって、ガブ飲みしたらしい。

ケーブルカー降りた山頂はもう冬

tv_20181121131134.jpg

   司会の国分太一は「ハードなイメージがなかったんですが、驚きですね。どんな山なんですか」

   高尾山に上ったことがあるという司会に真矢ミキは「コースが選べるのでいろんな登山者がいける山です。でも、普通の道と違いますから、気をつけてほしい」と話す。

   ケーブルカーを使えば片道50分で頂上まで行けるし、舗装された登山道もあるが、山頂は冬だ。散歩とは違う。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中