2020年 11月 30日 (月)

「字までキレイ!」中谷美紀の結婚報告文が達筆すぎると驚きの声 書道十段のアナも「読めない」と絶賛

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   女優中谷美紀(42)が、ドイツ人でウィーンフィルハーモニー管弦楽団のビオラ奏者を務めるティロ・フェヒナー氏(50)と結婚したことが26日(2018年11月)にわかった。

「初秋のみぎり」と達筆な字でしたためられた名文

   本人が報道各社に直筆の手紙をファクスで送って明らかにしたためだが、SNS上では、その字が「あまりに美しすぎる!」「字までお美しいとは......」「達筆っぷりに超びっくり!」「聡明だと、字まで綺麗なのですね。惚れ惚れ」と、称賛と驚きの声が上がっている。

   文章は「初秋のみぎり、皆様におかれましては...」から始まり、「一昨年に数々の偶然が重なって、出逢った私達は、芸術を愛し、自然に親しみ、旅を楽しむ心を分かち合うことで、絆を育んで参りました...」と2人のなれそめを綴っている。

   この手紙で盛り上がったのが、27日のフジテレビ系朝の情報番組「とくダネ!」だ。MCを務める山崎夕貴アナが書道の達人だからだ。山崎夕貴アナはこう舌を巻いた。

「達筆ですよね~。私も書道十段なんですけど、私の教養レベルではこれは読めない。ちょっと読むのに時間がかかるほど達筆です」

   MCの笠井信輔アナが「初冬のみぎり、みぎりですよ。それから、『私達』という文字が、小さく書いてある」と指摘すると、山崎アナは「私みたいな中途半端が、小さく書いたら、間違えたのかと思われる」と笑った。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中