2020年 11月 28日 (土)

カロリー消費には「チョコレート」を食べろ!3食・間食前にボリボリと1日25グラム

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   「代謝」が低下すると、免疫力が落ち、カロリーが蓄積して肥満につながる。田村直之アナは「代謝っていう単語はよく聞くと思うんですけど、実際よくわからなくないですか」と切り出した。

   代謝には、内臓を動かしたり体温を保つなど、生命を維持するためにカロリーを消費する「基礎代謝」と、体を動かしてカロリーを消費する「活動代謝」のがある。

   カロリーを消費するには運動が第一と思いがちだが、実は1日のカロリー消費は基礎代謝が60%を占める。基礎代謝を高めれば、キツい運動をせずに消費カロリーを増やすことができるのだ。

高カカオの「ポリフェノール」で基礎代謝促進

   基礎代謝量が最も多い器官は筋肉(22%)で、2番目が肝臓(21%)だが、筋肉量を1キロ増やしたとしても、基礎代謝は13キロカロリーしか増えない。効率良く基礎代謝を上げるには、肝臓の機能を高める方が簡単なのだ。

   肝臓専門医の栗原毅さんが、肝機能向上に勧めたのがチョコレートだった。チョコレートに豊富に含まれる「ポリフェノール」が、暴飲暴食やストレスによって弱った肝臓の機能を高めてくれるという。

   どんなチョコレートでもいいというわけではない。カカオ分70%以上の高カカオチョコレートを1日25グラム、朝・昼・夕の食前、午前・午後の間食と5回に分けてこまめに食べる。

   栗原さん「ポリフェノールは代謝が早いので、こまめに食べることが大事です。食物繊維も非常に多く、食事の前に食べると、食べたものの吸収が遅くなります」

   田村アナ「実際に効果が出ているんです。肝臓疾患を持つ患者31人が高カカオチョコレートを3か月間毎日25グラム食べたら、善玉コレステロールが増加、肝臓の異常を示す数値と悪玉コレステロールは減少したんです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中