2019年 10月 20日 (日)

おしゃれな街・南青山に「貧乏人は来るな」か? 「子どもセンター建設」ハイソ住民と折り合えず

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   おしゃれな街、東京・南青山の「港区子ども家庭総合支援センター(仮称)」建設計画をめぐり、港区と住民が対立しているが、先週末14日、15日(2018年12月)に行われた住民説明会でも、折り合いはつかなかった。

「南青山は、土地は高いが住む人の心は貧しい」

tv_20181217144118.jpg

   センターは、虐待児童の一時保護などを行う「児童相談所」、子育て支援を行う「子ども家庭支援」、母子家庭が入所する「母子生活支援施設」が一体となった施設だ。

   住民説明会では「子どもの習い事、塾、たくさんしていてレベル高いです。お金ギリギリの方がいらっしゃった時に、ついてこられないし可哀想」「保護して連れてきた子どもが泣き叫んだら近所迷惑」「意識の高い小学校に入れるため億を超える投資をした」と、相変わらず「特権意識」丸出しだ。

   ネットでは「貧乏人は南青山に近寄るなと言いたいのだろうか」「南青山は土地は高いようですが、住む人の心は貧しいんですね」と厳しい意見が目立つ。青山通りで聞いても、「特権意識がある人もいるかもしれないが、区民の立場からは子どもにやさしい施設があってもいい」という声があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中